次世代医療レーザー脱毛マシンって?

      2016/03/07

脱毛するなら、やはり最新の純国産のマシンがいいですね。

脱毛マシンは、海外のもの、国産のもの、色々ありますが、主に、ヨーロッパ、中国、日本製が多いです。

ヨーロッパは、ハイジニーナ脱毛(VIOを全部脱毛する、いわゆるパイパン)発生の場所でもあるので、脱毛マシンはたくさん製造されています。

ニードル脱毛は、痛みが強いです。痛すぎて、脱毛をあきらめる人がいるぐらい。

なので、レーザー脱毛がヨーロッパで開発されたんです!

が、 欧米人の肌の色にあわせたレーザーなので、日本人にはレーザーが強すぎたり、あわなかったり、効果が薄いなど、 マシンにより色々な問題がありまして。

おまけに、日焼けしてたら、レーザーマシンでの脱毛はNGとかも。じゃ、夏は脱毛できない~!!

そこで、国産マシンが登場☆なんか、国産って言うだけで安心感も感じられますし、、。

現時点で、一番新しい脱毛マシンといえば、

 「次世代医療レーザー脱毛マシン」です。

これは、医療機関でしか使用できないのですが、無痛なのが大きな特徴です。

なぜ無痛か?レーザー脱毛=痛いと思っている方が多いですし、本当に痛いです。

何せ、私もレーザー脱毛ですごく痛くて、VIO脱毛はあきらめたのですから、、。

でも、今の「次世代医療レーザー脱毛マシン メディオスター」というマシンは本当に痛くないらしいです。

これ、次世代ダイオードレーザーとして開発されたマシンなんです。

今までの脱毛レーザーに比べると、毛の焦げがないこと、皮膚の赤みや浮腫がない点が優れていて、

冷却装置が強力なため、痛みはかなり少ないそうです。というか、色々聞きましたが、ほんと無痛だと思われます。

「無痛」と表現している場合もありますが、痛みは個人差があるものなので、「かなり少ない」という表現のほうがぴったりきますが、多分、本当に痛くないんだろうなぁ、と、想像できます。

東京在住の私の友達(32歳、今年5月に結婚決定)が、このマシンの脱毛を始めましたが、全然痛くないと言っていました。

彼女は、特に根性があるタイプでもなく、快楽主義者なので、本当に痛くないのだと思います。(単に感覚が鈍いのかもしれないけど)

で、このマシンはどんなマシンなのか?気になりますね。

今までのレーザー機器は、810nmの波長のダイオードレーザーや、755nmのアレキサンドライトレーザーが主流でした。

レーザーについては、別途詳しく説明しているので、そちらをご覧いただくとして、(すみません、まだ記事かけてないので、追記したらアップします(汗))

要するに、今までのレーザーは単一のレーザーのため、一部の毛に対応しきれない場合があったんです。

それを補って、2種類のレーザーで対応できるようにしたのが、「メディオスター」ってワケです。

バリバリのレーザー脱毛のマシンなので、このマシンで脱毛しようと思ったら、医療機関に行くしかありません。

私自身、痛みが苦手なので、レーザーは体験でチャレンジしましたが、あまりの痛さにあきらめました。

私が体験した頃には、痛みの少ないレーザーはなかったので、、本当に無茶苦茶痛かったです。

特に、VIOは想像を絶する痛みです。よくあれだけ痛いのに申し込みするなーって、尊敬できるレベルの痛みです。

なので、今は「痛みが少ないレーザー脱毛を受けられる人がうらやましい」と、心底思います。

私が今から脇や膝下の脱毛を受けるなら、もちろん、最新マシンを選びます!

が、最新マシンということで、導入しているクリニックが少なくて、私の住んでいる地域にはありません(涙)

東京ですと、何箇所か導入していますよ。

img src="http://www.rentracks.jp/adx/p.gifx?idx=0.8381.135628.1443.2297" alt="" width="1" height="1" border="0" />メディオスターを導入している東京の医療機関はこちら

私は、VIO脱毛は、何件かサロンで体験脱毛をして、一番気に入ったところで処理しよう、と思っています。

体験している間に、どこかで、最新マシンが導入されたら、何が何でも、体験したいんですが、、、。

高いマシンらしいので、当分無理かなぁ、、、、。

タイミングよく、最新マシンを導入しているクリニックを見つけたら、絶対、体験してみたいと思ってます!

その際は、しっかり痛みのレポートもしますので、乞うご期待☆

 

 - VIO脱毛, 脱毛, 脱毛マシン