VIO脱毛 初!施術開始ですっ!

      2016/03/07

うつぶせ、かつ、Tバックの紙ショーツをつけて、ベッドで待機。

かけていたタオルをずらし、まずは、電機シェーバーで、お尻の穴周辺を剃ってくれます

なんか、、くすぐったい(><)

この時点では、顔も見えないし、どうしようもないので、恥ずかしいとか、いうよりも、

この体勢でいいのかな?ちゃんとできるのかな?とその点が心配なぐらい。

いやー、いきなり顔を見られなくていいのは、ありがたい。

で、剃り終えたら、いよいよ、O部分の脱毛開始です。まず、氷を当てて冷やします

そして、マシンを当てて「カチッ」という音が。

うつぶせなので、見えないけど、光がその都度フラッシュしているのが、分かります。

全然痛くない、、、というか、、本当にできているのか?と、不安になるぐらい。

で、あっという間に、O部分が終了。

ひっくり返って、今度は、Iラインです。ここが一番恥ずかしい、、、。

この部分も、まずは電気シェーバーで剃ってくれます

正直、Iラインのショーツはしっかりずらされているので、絶対丸見え!間違いナシです。

が、このときも、顔にタオルをかけてくれるので、顔を見られることがないです。

しかも、淡々と、「冷やしますね」「ショーツずらしますね」と、機械的に、伝えることだけを

しっかり伝えて、そして、手際よく、施術してくれるので、まぁ、ほんと、「あそこ」は、全開なわけですが、

不思議と恥ずかしいって感じはなかったです。

ただ、粘膜周辺だから、、なのか、、ちょっとだけ痛いかも?と思う瞬間がありました。

痛いというよりも、あれ?って感じかな。

でも、それすら、次には忘れるぐらい。これ、もしかして、慣れたら寝ちゃうかも、、です。

私は、冷やすときが、冷たくて、、、。

氷を手でつかんで、「痛いっ」て思う時ありますよね?まれに、そんな感じ、になりましたけど。

レーザーの痛さを分かっている身としては、「天国!」でしたよ。

で、Iラインも無事、終わりました。

あ、ちょっと恥ずかしかったのは、Iラインを剃ってもらう時と、脱毛する時、

それぞれ、終わってから、消毒をかねてるのかな?

べろーーーんんと、柔らかい布?

厚手のウェットティッシュみたいなので、

お尻のほうから、前面まで、拭いてくれるんです

なんか、これが、妙に恥ずかしかった。

なにせ、「あそこ」を拭いてもらってるわけですから(照)

で、最後は、Vライン

ここは、私が唯一自己処理したところですが、再度、丁寧に電気シェーバーで処理してくれます。

ここが一番、面積が広いのですが、一番施術しやすいところですよね。平面というか、平らですもん。

だからなのか、氷で冷やす、光を当てる、というのも、すっごくリズミカルで早くて

あっという間に終わってしまいました。

早い、、、。

あとは、着替えて、もとのソファへ、、、。

ということで、1回目のVIO脱毛はあっという間に終わってしまいました

痛みが本当にほぼ無くて「痛かったらどうしよー」という不安は杞憂に終わりました。

これなら、まったく問題なく続けられます!

そして、施術後のことはこちらに、、

 

 - VIO脱毛, 脱毛サロン